体のこと」カテゴリーアーカイブ

妊娠中の手のしびれ

妊娠中に手がしびれるのは、手根管症候群と呼ばれる症状です。
妊娠すると体内の水分が3割ほど増えるため、むくみやすくなり、このむくんだ組織が手首の神経を圧迫して、しびれが起こります。
指先への血流が良くなるように、手を開いたり閉じたりを繰り返してみましょう。
塩分の摂りすぎにも気をつけましょう。
続きを読む

出産が近くなったら頻尿に

大きくなった赤ちゃんが膀胱を圧迫するため尿意が頻繁になります。
とくに臨月は、赤ちゃんが下りてくるので、尿が溜まらないうちに尿意を感じるようになります。
我慢せず、まめにトイレに通いましょう。
夜トイレに起きるのはつらい場合は、就寝前の水分は少々控えめに。
続きを読む

赤ちゃんの胎動が激しく眠れない

赤ちゃんの胎動が激しいのは、赤ちゃんが元気な証拠です。
どんなに激しくても、胎動そのものが原因となって早産になる心配はありません。
寝る前に足をマッサージしたり、妊娠中も楽しめるハーブティーを飲んだり、うまく安眠できる方法を見つけましょう。
続きを読む

お産の前のパーマやカラーリング

妊娠中はホルモンの影響で頭皮がかぶれやすくなります。
可能であれば妊娠中は控え、産後に行うほうがいいでしょう。
どうしてもというときは、美容師さんに妊娠中であることを伝え、ママの頭皮の状態に合った刺激の少ない溶剤を使ってもらいましょう。
続きを読む